税務情報ヘッドライン

INFORMATION HEADLINE

10万円を超える通勤手当の消費税

この記事は2011年7月13日に更新されたものです。
最新の内容はこちらをご覧ください。


 従業員に支給する通勤手当は、所得税法と消費税法で取扱いが異なります。

 今回はその違いについて具体的にご紹介します。



1. 通勤手当と消費税

 会社が従業員に支給する通勤手当については、消費税法上、課税仕入として仕入税額控除の対象となります。


2. 通勤手当の非課税限度枠

 所得税法上、通勤手当については、1ヵ月当たりの非課税限度額が上限10万円とされており、10万円を超える部分については、従業員に対する給与として課税の対象となります。

 例えば、1ヵ月当たりの給与が20万円、通勤手当が11万円の従業員がいるとします。

 通勤手当の非課税限度枠10万円を超える部分1万円については給与として支給される為、この従業員の給与は21万円となり、結果として、従業員の所得税が増加します。


3.非課税限度枠外の通勤手当

上記1より、通勤手当は消費税法上、課税仕入となります。

 また、給与については課税の対象となりません。

 では、給与扱いとなる非課税限度枠外の通勤手当については、消費税法上、どのように取り扱うのでしょうか。

 結論としては、非課税限度枠外の通勤手当についても、課税仕入の対象となります。

 支給した通勤手当がたとえ給与扱いされていても、会社が交通費を購入し、その交通費を従業員に対して交付したという考え方から、現に通勤の費用に充てられているのであれば、全額が課税仕入れの対象となります。


4.最後に

 今回は10万円を越える通勤手当の事例についてご紹介しましたが、同じような事例として、電車の特別車両料金(グリーン車など)が挙げられます。

 特別車両料金は、所得税法上、給与として扱われますが、消費税法上は、課税仕入の対象となります。

 このように、通勤手当については、所得税法上と消費税法上の取扱いが異なりますので、ご注意下さい。


この記事は2011年7月13日に更新されたものです。
最新の内容はこちらをご覧ください。



京都・滋賀・大阪で会社設立をお考えならこちら

黒字化・節税・税務調査に強い税理士をお探しならこちら



2011/07/13

  • 所得税
  • 消費税

税務情報ヘッドライン(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top