税務情報ヘッドライン

INFORMATION HEADLINE

家族信託の活用例② 母親が住む自宅を家族信託の利用で将来に備える

 自宅で一人暮らしをしている母親(78歳)と離れて住む長男(52歳)が、母親の体調や今後のことを考え、高齢者施設の入居を考えているとします。

母親は、高齢者施設へ入居をしても、住み慣れた自宅(母親が所有)に時々は戻って過ごしたいと考えているので、当分は自宅をそのままにしておく予定です。

この場合、どのような問題があると考えられるでしょうか。

 高齢者施設に入所し、自宅はそのままにしておくというのは決して珍しいケースではありません。しかし、施設入所後に認知症などにより意思判断能力が失われた場合、所有者である母親の意思確認ができないため、自宅の管理や処分は大きな問題となる場合があります。

 通常、長男が母親に変わって、自宅の管理や小規模の修繕等について対応することは問題ないと思われます。しかし、母親の介護費や医療費等が多額にかかることになった場合、費用を捻出しようと母親の自宅を売却したくても、所有者である母親の意思判断能力が喪失していれば、売却手続きは不可能となります。

 そこで、次のように家族信託を利用すると、上記の問題に対応することができます。


  委託者・受益者:自宅の所有者である母親

  受託者:長男

  信託財産:自宅


 このような家族信託の契約を母親が元気なうちに締結しておくことで、入所後も自宅に帰宅して過ごすことができ、また、徐々に母親の意思判断能力が低下し判断ができなくなったとしても、長男の判断で自宅を処分することや他人に貸して賃料を得ることができます。

 仮に、自宅を売却したときの代金は、受益者である母親のものなので、その管理を長男が行い、母親のために介護費や医療費等の資金として有効に使うことが可能となります。




お問い合わせはこちらから


【関連記事】

 第1回 家族信託についてご存知ですか?

 第2回 そもそも信託とは?

 第3回 遺言書と家族信託の違い

 第4回 家族信託のメリットとデメリット

 第5回 家族信託と成年後見制度の違い

 第6回 家族信託の活用例① アパートを信託する


アイネックス税理士法人
相続事業承継コンサルタント部




2019/09/11

  • 相続税・贈与税
  • 事業承継
  • その他

税務情報ヘッドライン(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ

page top