税務情報ヘッドライン

INFORMATION HEADLINE

家族信託の活用例① アパートを信託する


 アパートのオーナーである高齢の父親が、将来認知症などが原因で判断能力がなくなった場合、①銀行口座からお金をおろせなくなる、②新たな賃貸借契約を結べなくなる、③(①の結果)アパート経営に関する経費の支払いができなくなる、といった様々な問題が発生します。
 また、売却や建て替えが必要になったとしても、判断能力を失った者は、そのような法律行為をすることができません。

 このような事態に備えるための対策として、家族信託の活用が考えられます。

 父親が委託者兼受益者として、息子と信託契約を結んで、アパートを息子に信託します。

 息子は受託者となり、父親に代わってアパートを管理し、アパートの収益の中から父親へ生活費を振り込みます。ちなみに、アパートの家賃は、受託者である息子の信託口座に入金されますが、アパートの家賃は税務上受益者である父親に帰属するものとみなされ、アパートの収益の中から父親に生活費を振り込んだとしても、父親に贈与税はかかりません。

 また、信託契約では、受託者である息子に、家賃の管理や入居者と賃貸借契約を結ぶといった権限をどこまで与えるか定めることが出来ます。
 受託者である息子に、アパートの売却や建て替えの権限も与えておけば、将来父親の判断能力がなくなった場合でも、必要に応じて息子がアパートの売却や建て替えをすることが出来ます。



お問い合わせはこちらから


【関連記事】

 第1回 家族信託についてご存知ですか?

 第2回 そもそも信託とは?

 第3回 遺言書と家族信託の違い

 第4回 家族信託のメリットとデメリット

 第5回 家族信託と成年後見制度の違い


アイネックス税理士法人
相続事業承継コンサルタント部



2019/08/22

  • 相続税・贈与税
  • 事業承継

税務情報ヘッドライン(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ

page top