アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

『税務署なんて怖くない』


本日は税務に関する本をご紹介致します。


『<押せば意外に> 税務署なんて怖くない 国税OBが教える「税務調査のかわし方」』


【注意】

本書の8ページに、上記タイトルを命名した理由として、

「対等な立場で税務署と交渉することの重要性を述べたものであり、その最低限のルールとして、不正行為に手を染めてはなりません。」

と書かれています。

脱税は違法です。このことは、絶対に忘れないでください。

【著者】松嶋 洋

【発行所】株式会社 かんき出版

【第1刷】2016年7月11日

【第2刷】2017年9月1日



著者の松嶋 氏は、国税庁で調査官をされていた方です。

本書には以下のことが書かれていました。


①税務調査のポイント

税務署はおおざっぱで、税務調査において見られるポイントは以下の4つといっても過言ではないそうです。

1.売上

2.原価

3.人件費

4.特別損益


なぜならば、税務調査は税金を取るために行われており、時間も限られているので、少ない労力で最大限の成果を上げるためには、金額の大きな項目を中心にチェックをかける必要があるからです。

上記1.~4.の科目に的を絞り、深く検討するスタンスで税務調査をしているとのことです。


しかし、ケースバイケースにはなると思いますが、比較的大きな会社は経理水準が高いことから、売上・原価の期間対応が取られており、その点から攻めることは難しいので、接待交際費や減価償却費にも注目するそうです。


②税務調査において注意しなければならない点

税務調査官は記憶力に優れている人が多いそうです。

税務調査は2日間にわたって行われますが、調査1日目のヒアリング時のふとした会話を覚えていて、調査2日目にその内容を突いてくることもあるそうです。

社長の発言から追及されて、税金がとられることが多いため、迂闊な発言をしないよう、発言する際には細心の注意を払うべきと書かれていました。

また、このような社長からの発言を誘導するために、納税者の反論等に耳を傾けず、無視する調査官もいるそうです。

わざと相手をイライラさせ、挑発し、不用意な発言をさせようとしてきているので、そのような調査官が調査に来た場合は、一呼吸置き、冷静になってから、決して熱くならないように発言しましょう。


③交渉することの大切さ

税務調査官にはノルマがあるため、調査を長引かせることは避けたいと思っています。

従って、ごねて調査を長引かせることが、納税者側にとって最も有利になりやすいと書かれていました。

税務調査は曖昧な部分が多くあります。

例えば、役員に対する使途不明な金銭の流出は、認定賞与になるのか・貸付金処理になるのか、その基準は明確に定められていないのです。

従って、粘り強く交渉することで、納税者有利=貸付金処理にすることが出来るケースもあります。

調査官の言いなりにならず、しっかりと交渉することが大事です。



≪最後に!≫

顧問税理士がおらず、税務署から税務調査の連絡がきた場合や、顧問税理士による税務調査の対応に納得がいかない場合など、税務調査に対する不安、顧問税理士に対する不満はありませんか?

アイネックス税理士法人の税務調査後満足度は 93.84% です。(※2016年10月31日 当社調べ。)

ご相談は無料!まずは、お気軽にお問い合わせください。



お問い合わせはこちらから


アイネックス税理士法人
税理士  澤田 高人



2019/08/19

  • 税務・会計について
  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ

page top