アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

『会話がとぎれない英語の雑談18のルール』


本日は『mini版 会話が途切れない英語の雑談18のルール』という本をご紹介いたします。

【著者】デイビッド・セイン

【発行所】株式会社 アスコム

【第1刷】2016年3月1日

【第3刷】2018年10月12日



私は旅行に行くことが趣味で、可能な限り年に1度は、国内外問わずどこかへ行っています。

今年の6月は海外へ行きましたが、その際、英語が聞き取れなくて困りました(;´・ω・)


旅先には、英語圏以外だろう見受けられる観光客の方も多かったのですが、レストランやホテル等で流暢に英語で話されている姿を横目に、こんなに英語が話せないのは日本人くらいだと感じました。

簡単な受け答えは出来ても、それ以上に話は膨らまない…

“どうすれば旅先で会話を楽しみながら過ごせるのだろう”と思い、今日ご紹介する本を手にとりました。


結論から端的に言えば、雑談をするということは、コミュニケーションの問題なのだそうです。

では、上手にコミュニケーションをとるには、どうすれば良いのでしょうか。

すぐにでも活用できそうなポイントは、以下の3点です。


①あいさつをして、そこにプラスαの話題を加える。

 プラスαの話題は難しい内容である必要はありません。

 例えば、「I heard it's going to rain this afternoon.(今日は午後から雨が降るらしいよ。)」

 「Is the summer heat getting to you?(夏バテしてませんか?)」など、

 天気や体調のことであれば、話しやすいと思います。


②好感のもたれる質問の仕方

 質問する前に、まずは自分から名乗るのが鉄則です。

 その後、好感のもたれる質問をしてみましょう。

 話すのが上手い人は、「相手に話させる」ことが上手なのです。

 聞くばかりでは失礼になってしまいますが、上手な質問をすれば、相手がどんどん話してくれます。

 趣味や仕事のこと、相手のセンスについて質問すると良いそうです。


③雑談ではとりあえず相手を褒める

 また、上記の質問をする際は、相手のことを褒めてみて下さい。

 仕事に関することであれば、「You know a lot about the economy. Are you a university professor?(経済にお詳しいですね。学者さんですか?)」

 センスについてであれば、「I like your necklace. It looks perfect on you.(いいネックレスですね。とてもお似合いです。)」

 など、ほんの少し具体的に褒める要素を入れられると良いです。



本日ご紹介した以外にも、英語の雑談ルールはあります。

ですが、私が本書を読んで思ったことは、この雑談ルールは英語だけでなく、日本語にもいえるということです。


“英語で上手く話さないと!”と考えしまうと、緊張してしまいますが、英語だからと言って、特別なことをする必要はないのです。


普段話している日本語での会話の流れと同じように、ゆっくりでも単語を繋げていけばなんとか通じます!

分からないなりに、頑張って伝えようとすれば、きっと話せるはずです。

その時忘れてはいけないのことは、笑顔で接することかなと思います。


今年は8月10日(土)~8月18日(日)まで、最大9連休のお盆休みの方も多いようです。(羨ましい限り…)

海外旅行に行かれる際には、英語でのコミュニケーションに是非挑戦してみてはいかがでしょうか。



アイネックス税理士法人
石野 淳子


2019/08/07

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ

page top