アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

『育てる力 栗山英樹『論語と算盤』の教え』


本日は、北海道日本ハムファイターズの栗山監督が書かれた『育てる力 栗山英樹『論語と算盤』の教え』をご紹介いたします。

【著者】栗山 英樹

【構成】小松 成美

【発行所】株式会社 宝島社

【第1刷】2018年4月19日



皆さまは、本書のタイトルに含まれている『論語と算盤』をご存知でしょうか。

『論語と算盤』は、2024年度前半から新一万円札の図柄となる渋沢 栄一 氏の著書です。


論語…儒教の祖である孔子の教えについて書かれた書物

算盤…計算道具(今は電卓の普及により、あまり見かけなくなりましたね。)


これらは一見、何の関係もないように思えます。

しかし、渋沢氏は、「論語と算盤は、”甚だ遠しくて甚だ近いもの”である。」と言われています。


『論語と算盤』の内容を簡単に説明すると、”人は、論語で道徳心・倫理観を失わないように人格を磨くと同時に、算盤を用いて資本主義社会の中で利益を追求しなければならない。2つを両立することが大切である。”ということが書かれています。


渋沢氏の『論語と算盤』の教えを、北海道日本ハムファイターズの栗山監督は野球界に活かし、選手の育成・チーム(組織)作りをされています。


長期的に常勝集団をつくるためには、強い組織でなければなりません。

そのためには、軸になる選手が必要です。


4番の中田 翔 選手、

現在はロサンゼルス・エンゼルスで活躍している二刀流の大谷 翔平 選手、

かつて甲子園でハンカチ王子と呼ばれた斎藤 佑樹 選手 …

様々な能力・人格の選手が集まるなかで、個々を強い人材として育て、強いチームをつくりあげてこられた栗山監督の経験が詰まった1冊となっています。


私は栗山監督の『育てる力』を読むにあたり、まずは渋沢氏の『論語と算盤』(発行所:㈱国書刊行会)を読みました。

こちらは、初版の大正時代と同じ言葉で書かれているので、少し難しかったですが、ちくま新書からは、現代語訳でも出版されています。


渋沢氏の『論語と算盤』の考えは、野球だけでなく、ビジネスにも当てはまることです。

皆さまも機会があれば読まれてみてはいかがでしょうか。


アイネックス税理士法人
井ノ上 健司


2019/07/03

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ

page top