アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

『チーズはどこへ消えた?』


私が本書を手に取った理由は、帯に「1時間で読めて10年間役に立つ」と書かれていて、「10年間も役に立つの!?」と驚き、読みたくなったからです。物語形式で、100ページ弱なので、本当に1時間で読めました。

【著者】スペンサー・ジョンソン

【訳者】門田 美鈴

【発行所】株式会社 扶桑社

【第1刷】2000年11月30日

【第92刷】2019年5月10日



この物語の主人公は2匹のネズミと2人の小人。彼らが迷路の中でチーズを探す物語です。


チーズを探す理由は、食料にするためと、幸せになるため。毎日のようにチーズを探します。

普通のチーズはすぐに見つかりますが、特別なチーズは簡単には見つかりません。

でもある日、彼らは特別なチーズを見つけることに成功しました。

彼らはとても喜びました。


ですが、どんなに特別なチーズでも、食べると無くなってしまいますよね…。



さて、特別なチーズが無くなった後の彼らの行動はどうだったでしょうか。


2匹のネズミは、すぐに探しに行きます。

1人の小人は、随分時間はかかりましたが、再び探しに行きます。

もう1人の小人は、探しに行かずその場に留まることを選びました。


この物語におけるチーズは、仕事や家族、財産のことを、

迷路は、会社や家庭のことを表現しています。


長い人生の中で、自分を取り巻く環境の変化や、自分自身の気持ちの変化というものは必ず起こります。


大切なのは、変化が起こった時にどう対処するかです。


2匹のネズミのように、すぐに行動に移せるか、

1人の小人のように時間はかかっても、変化を受け入れることができるか、

もう1人の小人のように、変化を受け入れられないか…


なお、変化を受け入れられなかった小人は、その後、チーズを見つけることは出来ませんでした。


あなたは、チーズが無くなったとき、どのような行動がとれますか?

私も少し、考えてみたいと思います。



アイネックス税理士法人
森原 真理


2019/06/19

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ

page top