アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

『「聞く力」こそが最強の武器である』


私は、主に相続税の申告を担当しているため、申告までの数か月間にお会いできる機会は多くありませんし、時間も限られています。

その少ない機会・お客様と面談する短い時間で、どれだけ情報を得られるのかが重要だと思い、『「聞く力」こそが最強の武器である』という本を読んでみましたので、ご紹介させていただきたいと思います。


【著者】國武 大紀

【発行所】フォレスト出版 株式会社

【初版発行】2019年1月8日



こちらの本では、コミュニケーションにおいて最強の力となるのは「聞く方」であると書かれています。

何かを聞く時、一方的に質問を投げかけるのではなく、傾聴することが大切であると紹介されていました。


傾聴とは、注意深く、丁寧に耳を傾けることをいいます。

このとき重要なことは、自分の意見をあまり差し挟まないようにすること。

そして、聞くことに集中することです。

(どうしても差し挟むときは一言添えてから。)


では、傾聴する際に大切なポイントとは何か。本書を読んで、私の印象に残った点をいくつか挙げさせていただきます。


まず、話して下さる方に心地よくなってもらう聞き方として、相手の方に共感し、「うなずくこと」、「相槌をうつこと」が重要です。

「うなずき」と「相槌」は、効果的な聞き方であり、そうすることで、言葉ではなく感情を共有することができます。


次に、相手の方と信頼関係を築くことが重要です。

信頼関係を築くためには、①自己理解、②相手理解、③相互理解をする必要があります。

自己理解とは、自分の価値観を知ること。相手理解とは、相手の価値観を知ること。そして、双方の価値観を大切にすることで相互理解が成り立ちます。


最後に、相手が聞いてほしいと思っている話を引き出すことが重要です。なぜなら、人間にはマズローの欲求5段階説でいう、”承認欲求”があり、聞いてほしい話を聞いてもらえれば、承認欲求が満たされるからです。

【マズローの欲求5段階説】


著者の方は、話を引き出すノウハウとして、「YESの法則」というものを使われています。

①You
 …相手に意識を向ける

②Excellent
 …直訳すると”素晴らしい”という意味になりますが、相手の存在そのものをありのまま受け入れるという「聞く姿勢」

③Space
 …気持ちよく話せる場づくり


この他にも、「聞く力」というスキルを上げるための方法がいくつも紹介されていました。

本書に書かれていることを参考にして、少しずつでも信頼して話していただける存在になれるよう、日々精進して参りたいと思います。


アイネックス税理士法人
西本 由里子



2019/06/05

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

  • 確定申告ナビ

page top