アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

私が学んだSDGs

最近SDGs(Sustainable Development Goals)という単語をよく耳にしますが、恥ずかしながら、私はアイネックスに入社するまでこの単語と自分の生活に関わりがあるとは全く考えてもいませんでした。


このような私がSDGsについて学んだ以下の本を紹介させていただきます。
「分かりやすい教科書 SDGs環境と社会とビジネスと生活」(若松誠司氏著)

SDGsは持続可能な開発という国際目標を達成するため、世界が直面している各問題を大きく「17の目標」分け、さらに具体的な課題(169のターゲット)を設定しています。
SDGsは2015年9月に国際サミットで採択され、翌年2016年~2030年を期限として、先進国含むすべての国をターゲットとしています。
SDGsには前身としてMDGs(Millennium Development Goals)があり、2001年~2015年を期限として、途上国をターゲットとして国際サミットで策定されました。

著者によると、MDGsは策定後一定の成果を上げたが、期限までに達成できなかった課題、さらには環境の変化により新たな問題も生まれたため、これらの問題を解決すべく新たに掲げられたのがSDGsです。

さらにSDGsの特徴として「国だけでなくすべての関係者(民間企業・NGO・有識者など)の役割を重視している」とも書かれています。

私は、SDGsの考え方がここ最近作られたものではないこと、また国が政策を掲げ実行するだけでなく私を含めすべての関係者に取り組みを求めているということを知りました。

そこで、取り組みの第一歩として、自家用車ではなくできるだけ公共交通機関や自転車、徒歩で移動することにより、SDGsの目標13 「気候変動に具体的な対策を」を行います。


アイネックス税理士法人 大阪事務所 M.N

2022/04/18

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top