アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

電通鬼十則(丸本)

既にご存知の方も多いと思いますが、電通4代目社長吉田秀雄氏が電通社員のために書き記した仕事の原理・原則「電通鬼十則」。これを現在早稲田大学ビジネススクールで講師をされている植田正也氏が逐条解説されているのが本書です。



電通「鬼十則」 (PHP文庫)

植田 正也 / PHP研究所



内容を紹介するよりも、まずは十則を、、

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは......。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

これを読んで、特に何も感じない方は、「既に大きな事を成している人」か、又は「仕事をする気がない人」のどちらかだと思います。多くの方は「ドキッ」とすることがいくつかのあるのではないでしょうか?私は、全部、胸が痛くなりました。撃沈と言ったところです。

この鬼十則、電通の中興の祖といわれる吉田秀雄社長が昭和26年、つまり今から60年前に書かれたものです。にもかかわらず、今でも色あせることなく、ビジネスマンが肝に銘ずるべき行動指針であることは間違いないと思います。つまり、良いもの、本質をついたもの不変であることをあらためて気づかされる指針です。


ちなみに英語は、以下のとおりです。GEにこれが飾られているそうです。

1. Initiate projects on your own instead of waiting for work to be assigned.
2. Take an active role in all your endeavors, not a passive one.
3. Search for large and complex challenges.
4. Welcome difficult assignments. Progress lies in accomplishing difficult work.
5. Once you begin a task, complete it. Never give up.
6. Lead and set an example for your fellow workers.
7. Set goals for yourself to ensure constant sense of purpose.
8. Move with confidence. It gives your work force and substance.
9. At all times, challenge yourself to think creatively and find new solutions.
10. When confrontation is necessary, don't shy away from it.Confrontation is often necessary to achieve progress.


「難しい仕事を狙え」がWelcome difficult assignments 面白いですね。



2010/04/26

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top