アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」

 生産性が高い人は、仕事をするスピードが速いわけではありません。まず問題を解く前に、その問題を見極めているかどうかが、生産性の高い人とそうでない人の違いである、と本書では述べられています。

 目前の問題に取り掛かるとき、やみくもに手をつけているだけでは、時間と労力は減らないことは理解できます。では、問題を見極めるとはどういうことなのでしょうか。

 ビスネスパーソンであれば、きっちりと対価がもらえる「意味のある仕事」をバリューのある仕事と位置づけ、バリューの本質を考えていきます。

 バリューの本質とは、

「イシュー度」:自分の置かれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ

「解の質」:そのイシューに対してどこまで明確に答えを出せているのかの度合い

の2つで成り立っています。つまり、「イシュー度」も「解の質」も高ければバリューのある仕事ができるのです。

 では、「イシュー度」と、「解の質」はどちらが重要でしょうか。どれだけ「解の質」が高くても、バリューのある仕事には到達できません。なぜなら「イシュー度」が低ければ、どれだけ多くの問題に解を出しても、「イシュー度」は上がらないからです。つまり、「イシュー度」を上げて、次に「解の質」を上げていくというのが正しいと著者は述べています。

 クライアントに対してバリューのある仕事をするため、「イシュー度」と「解の質」に意識を向けるという発想に触れ、頭の中をスカッと整理してもらった気がします。本書の考え方を身につけることで、クライアントの利益に繋がるよう取り組んでいきたいものです。

著:慶応義塾大学環境情報学部教授 ヤフーCSO 安宅和人


A.S

2021/06/17

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top