アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

史上最強のCEO

本書は、経営コンサルタント及び会社経営の道で30年の実績を持つジェームス・スキナーによる、経営者や企業マネージャー向けに書かれた書籍です。



「信頼を得て・顧客を満足させ・利益を高め・世界を変える!!」

この言葉に惹かれて手に取ってしまいました。


経営コンサルタントとして、多数の企業の経営者の課題を解決してきた著者であるからこそ、経営者が持つ共通の問題、解決方法、そして大切な原則が凝縮されている内容となっています。


序論に、「普通はウザい!」ということが書かれています。


「普通は、こうするよね。」「普通はそういうことしないよね。」

といった基準で物事を考えると、企業経営においては話にならない。


現代社会においては、開業してから2年以内に8割の会社が廃業をする。

さらに時代を超えて生き続ける会社は、たったの2%程度。


「普通」ではだめ。代わりに「最強は何か?」という思考を持つ!

企業経営やマネージャー職における業務、さらに日常生活においても、常に「最強は?」という発想に転換することで人生が一変する!とまで書かれています。


言葉にすれば、たったこれだけのことですが、実際に習慣化できている方はどれくらいいるのだろうか。私の数少ない人生経験を振り返っても、常に「最強は何か?」といった思考で、物事を考え、リーダーシップを発揮し、行動できている方は稀かもしれません。


精神論かもしれませんが、現代社会のおける時代の変化に対応するためには、「普通」という概念から脱却し、「最強」という考えにシフトすることは、とても重要であると考えさせられました。


ただ、この考えは人に押し付けてしまうとプレッシャーになるかもしれません。

自分自身で、常に「最強は何か。」ということを考える習慣を身に付け、企業経営の業績向上に貢献できるように、これからはお客様に対して「最強」の支援をしていきたいと思いました!


私としては、この「最強」の概念を持つ部分にインパクトを受けましたが、本書では、現代企業を激変させる4つの原則が書かれていましたのでご紹介します。


 原則1:リーダーシップ(信頼を作る)

 原則2:イノベーション(顧客を満足させる)

 原則3:利益性(慢性的黒字を確立させる)

 原則4:目的(世界を変える)


具体的な内容は割愛しますが、著者が経験から見えてきた大切な4つの原則として紹介されています。もちろん時代の変化により手法は変わりますが、原則としては変わらない。普遍であり、必ず効果が出る。とまで書かれています。

さらに会社で毎日この4つだけを考えていれば良いといってもいいほど。とまで!


この原則を深く理解し、これからのビジネスライフの中で活かしていきたいと思います。


アイネックス税理士法人

森川

2020/08/27

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top