アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』 著者:馬渕 知子



『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』  著者:馬渕 知子


 コーヒーもビールも大好きな私には、このタイトルを見て読まないという選択肢はありませんでした(笑)
コーヒーとビールが「よい仕事をつくる」と言うのは一体どういうことなのかと興味津々で読んでみたところ、コーヒーとビールの恩恵を十分に受けるには、正しい「飲み方のルール」を守る必要があるとのことで、本書ではその詳細が解説されていました。


なぜコーヒーとビールが効果的なのか?
 コーヒーとビールが仕事のパフォーマンスを高める理由は、これらが自律神経を整えてくれるからだそうです。
自律神経は生命維持に欠かせないもので、情緒不安定、イライラ、集中力低下、疲労感、寝不足感など、これらの症状はすべて自律神経の乱れによって引き起こされます。しかし、コーヒーとビールの飲み方次第で、交感神経と副交感神経のバランスを整えることが可能になるそうです。
 例えばカフェインが適度に含まれたコーヒーは、交感神経を優位に働かせる力があるので、短期間で効率のよい仕事をしたいなら、カフェイン濃度が高めのコーヒーを飲めば、集中力も高まります。一方、適量のビールは副交感神経を優位にし、リラックス作用を全身にもたらしてくれます。このように、両者の特性を理解し、それを活かした飲み方をすることが重要とのことです。
 逆を言えば、間違った飲み方をしてしまうと、仕事のパフォーマンスを下げてしまうことになるということです。以下は私が驚いたコーヒーのやってはいけない飲み方と、ビールの新常識です。

1)朝イチのコーヒーはだるさの原因になる
 毎朝、眠気覚ましにコーヒーを飲む人は多いと思いますが、この飲み方こそ身体の慢性的なだるさを引き起こし、1日のパフォーマンスを低下させる可能性が高いそうです。
 これは「コルチゾール」という目覚めに大きな影響を与えるホルモンが深く関係しているそうで、このホルモンは朝6時から分泌量が増えていき、午前8時~9時にピークを迎えます。その間にしっかりとコルチゾールが分泌されることで体が覚醒し、やる気が出てくるのですが、このタイミングでコーヒーを飲んでしまうと、コルチゾールの分泌が抑制されて、本来得られるはずだった覚醒効果が失われてしまい、眠気が覚めない、だるさを感じるといった症状を招くことになるそうです。
 それらを踏まえると、コーヒーを飲んでもよい時間帯は「午前9時半~11時半」「午後2時~5時まで」になるそうです。

2)缶コーヒー(砂糖入り)、菓子パン+コーヒーは疲労のもと
 一般的な缶コーヒー1本の中には、10g以上もの砂糖が入っており、これはWHOが定めた1日の糖分摂取目安量の約半分にあたるそうです。大量の糖分を、特に空腹のときに摂取すると、血糖値を急激に上昇させ、その反動で急下降を引き起こすことになります。これにより自律神経が乱れ、疲労を感じやすくなってしまい、さらには、脳機能や精神面に影響を及ぼす可能性があるそうです。

3)ビールはダイエットに良い!
「ビールは太る」と言われる本当の理由はビールそのものではなく、一緒に食べる「つまみ」が原因だそうです。ビールは低GI食品(GI:血糖値の上昇スピードを数値化したもの)なので、ダイエットをしたいなら、GI値の低い食べ物や飲み物から口に入れるのが望ましいそうです。ダイエット向きなのはGI値が60以下のもので、ビールのGI値は35と条件を満たしています。GI値は最初に胃に入れるものに左右されるため、「とりあえずビール!」というのは、正しい判断だそうです。
 今までなんとなく「ビール太るだろうし健康によくないだろうなぁ」と後ろめたい気持ちで飲んでいましたが、これからは心からおいしいビールを楽しめそうです!!


 本書では、上記以外にも疲れと不調の原因は水分不足による「かくれ脱水」が原因であるとか、ビールの悪酔いしない飲み方のコツなど参考になることがかなり書かれていました。これからは「朝のコーヒー」「夜のビール」を「正しく」飲んで、仕事をパフォーマンスを上げて業務に邁進していきます。

 ご高覧頂きありがとうございました。

                                   アイネックス社会保険労務士法人 藤田

2020/10/25

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top