アイネックススタッフ日誌

I-NEX STAFF DIARY

天才を殺す凡人



天才を殺す凡人
著:北野唯我


「自分の才能を見極め、伸ばす」

これが大切だとは分かっていても、こんな難しいことはありません。

本書では、人間のタイプを3つに分け、世界に新しいものが拡大していく仕組みや、
大企業がイノベーションを起こせなくなる理由などを分かり易く解説してくれます。

①天才・・・「創造性」
独創的な考えや着眼点を持ち、人々が思いつかないようなプロセスで物事を進められる人

②秀才・・・「再現性」(=論理性)
論理的に物事を考え、システムや数字、秩序を大切にし、堅実に物事を進められる人

③凡人・・・「共感性」
感情やその場の空気を敏感に読み、相手の反応を予測しながら動ける人

通常の、あなたはどのタイプ?の本と違うのは、著者が①②③の、
人数差に着目しているところです。

例えば、革新的な新しいサービスが、世界に広まりそれが標準になるまでは、

①天才が誰も思いつかなかった新しいサービスを思いつく。
※天才は創造性に生きているので、言語化やシステム化は苦手

②秀才が、持ち前の優秀さで天才にくらいつき、天才の思いつきに再現性をもたらす。

③凡人が、共感性(好きか、嫌いか)で世界に広める。

という流をたどりますが、数の上で凡人>>>>>>>>>天才のため、
凡人は、世の中に出る前の天才を認知できず、世界に広まる前に、
「多数決」という凡人の最大の武器を使って、天才を殺してしまう。

というものです。

確かにスティーブ・ジョブスも会社を追い出されたりしていたな。
など、世界に革新をもたらす前に、凡人に殺されそうになった天才。
は沢山思い当たります。

本書はストーリー形式で書かれており、上記の「世界の仕組み」を教えてくれるのは、
忠犬ハチ公が姿を変えた、犬の「ケン」
CTO・・・Chief Talent Officer(チーフ・タレント・オフィサー)
全ての才能を司る者

です。
読み物としてもとても面白いですし、
今までとは違った視点を得られたような気がしました。


Y.M

2020/07/08

  • 読書発表・本紹介

アイネックススタッフ日誌(一覧)へ戻る

まずは私たちと、ご飯でもどうですか?
私たちと一緒に働いてくれる方募集中

会社情報

ABOUT US

0120-129-353

受付時間:9:30~17:00(月~金)

Fお問い合わせ

〒600-8411
京都市下京区烏丸通四条下る水銀屋町620 COCON烏丸5F
対応地域:京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良

xアクセス

その他相談も承っております

OTHER CONSULTATION

page top